名尾和紙de古びた障子を+リメイク(DIYリノベーションレシピ)

第2回+リメイク(DIYリノベーションレシピ)は、手すき和紙上品に仕上げる内障子♪リメイクを紹介します。
長年張り替えていない内障子です。
どんな風に変わってくれるでしょうか?(#^^#)楽しみです。

Before

Before

まずは、古い障子紙を霧吹きで、しっとりするまでぬらします。しばらく放っておくと写真のように簡単に剥がれやすくなります。

さて、今回利用した手すき和紙は、佐賀市大和町にある『肥前 名尾和紙』の染色和紙を購入しました。
ベースとなる白い和紙は、アサヒペンの無地障子紙です。

貼る時の準備として、床に汚れ防止の為に養生マスカーポリシートを貼りました。貼り終えたら障子建具を置き、ベースとなる障子を貼ります。ベースの障子を貼り終えたら、障子を立てベースで張った障子がしっかりと乾燥するのを待ちます。※約1日放置

ベースに貼った障子がしっかり乾燥したのを確認した後、ランダムに名尾和紙を貼る準備(障子をマス目にカット)をします。後は、貼りたい部分の障子紙をマス目に沿ってカッターで切り抜て、ランダムに貼っていきます。

今回の材料

今回使用したのは、
アサヒペンの障子紙ベース用 2本
名尾和紙7色
障子のり
カッター
おさえヘラ

※今回、+リメイクしたお部屋は、CoreのシェアハウスB室です。

☆Coreシェアハウス A 入居中
★Coreシェアハウス B 入居中 
☆Coreシャアハウス C 募集中

After

如何でしょうか、上品で爽やかなイメージに仕上がりました。(#^^#)

 DIYリノベーションの基礎は、日頃のお手入れ♪♪掃除です。(*´▽`*)
日々丁寧に暮らす事を心がける事で、建物のいろいろな状況を知る事が出来ます。