Coreビル再生の道のり①

佐賀の不動産+リメイクのCoreです。(*^-^*)

Coreビルの2階にシェアハウスの工事完了を持って、Coreビルのリノベーションは終了、完成しました。 まだまだ、小さな不具合等沢山あるけれど、大規模工事が終わりホッとしています。 あとは、ぼちぼちやって行きます。

たまには、立ち止まり、ぼんやりする事も大切ですよね。

そう、ここをに引っ越してきて、約1年6ヶ月 が経ちました。あっと言う間で、いろいろな事がありました。

購入時は、建物再生の勉強中で、始めての鉄骨造のリノベーションになんの不安も、迷いもありませんでした。

けれど、再生の道のりは、甘くありませんでした。

建物再生に纏わる助成金や補助金があり、片っ端から訪ね歩きました。
建築完了済書が無ければ受けることが出来ない…
耐震検査すればいいじゃない、と思ったが検査にかかる費用が70万~80万円だとか・・・
検査結果がでて耐震性がないと分かったら?
耐震設計は?耐震工事は?どうするの?

その後、適切なアドバイスを受ける事なく、時間も費用も限界があるなかで、再生工事に突入となりました。

 

第1期工事

無知すぎる工事で中断、ビルのメンテナンスに詳しい、MさんMさん家族に見てもらい工事方法を見直すことになりました。

 

第2期工事

再度、建物調査に入り、適切な工事スケジュールが決まりました。ひとつ、ひとつ、分かりやすく説明してくれて、私の不安も少しづつクリアして行きました。

タイル補修ひとつ、防水塗装の手順でさえ、第1期工事とは、異なった施工方法でした。

最後に入った板金工事でさえ、防水工事後のパラペットに捨て張りした板金の上に、仕上がりの板金が被せられて行きました。

現在、雨漏りの心配もなくなり安心して過ごせるようになりました。
MさんMさんご家族皆様、本当にありがとうございます。

少しでもCoreは、自らの経験を活かし、同じように再生で悩んでる人のアシストになれればと思います。

旧耐震の鉄骨造、素人でも分かるような、学べる場がほしいと切実に思います。