吉方取りの基礎★

方位盤とは
東洋思想・科学では、
太陽や月、地球、星が天地自然の摂理に従い運行し、地球上に様々な影響を与えているという考え方により、その循環・法則性をわかりやすく図にしたものをいいます。

地球上のあらゆる出来事は、
天の氣
五行:木・火・土・金・水
十干(じっかん):甲乙丙丁戊己庚辛壬癸

地の氣
十二支:子丑寅卯辰巳牛午申酉戌亥

人の氣
九星:一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星
 五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星

に影響をもたらすとされます。

方位盤は一定の法則により位置を変えて行きます。
各星は、その盤の位置、方位の意味合いを強く受けます。

その中でも吉方というのは、その人がその方位に行くことにより、より良い氣の影響を受け取る事が出来る方位をいいます。

この方位は、年、月、日により、その方の九星ごとに違います。
厳密に見ていけば細かく出すことが出来ますが、ここでは、
各星の方すべての方にとって、もっとも良い影響を受けることが出来る吉方位(トリプル吉方)を九星ごとにお伝えします。

Q:吉方ってどこを基準に見るの?
A:自分のご自宅を中心軸として方位を見てください。

Q:吉方へ行くってどのあたりまで行けばいいの?
A:距離が遠いほど、各方位の真ん中ほど効果があるとされます。
 出来るだけ遠くへ出かけましょう

Q:吉方でどのくらいの時間、何をしたらいいの?
A:最低1時間以上その土地で過ごしましょう。出来るだけ、その土地の空気を吸い、地のものをいただきレジャーを楽しむことも良いでしょう。

Q:吉方取りでトラブルに巻き込まれたことがあるんだけど…。
A:まれに少し不愉快な目に会う場合もありますが、それは、将来自分に怒る災害などを洗い流して未然に防いでいる現象ですので心配はいりません。

また、このサイトでご紹介するトリプル吉方の日を使い
引越し、工事、開業などはとても良い運気の時なのでスタートには良い日となります。

逆に、五黄の年、月。日は、引越し、工事、開業、回転など含め生まれてはじめてのことは避けましょう。


【2019年の凶方位】
五黄殺:2019年は南西(五黄土星が入る方位)
暗剣殺:2019年は北東(五黄殺の反対側の方位)
歳破:2019年は南東(その年の干支の反対側の方位:亥の反対)
本命殺、本命的殺:ご自身の九星により方位が変わります。




四大凶殺】
暗剣殺(あんけんさつ※他動的):
暗闇からふいうちに刀でさされるような、自分から出る災いとは違い避ける事の出来ない外からの災いのことを言い、もっとも注意が必要となります。

五黄殺
(ごおうさつ※自動的)
暗剣殺は外から、であれば五黄は自ら自滅して行くような方向へ行きやすく注意が必要となります。

本命殺(自分の宮がある方位)(ほんめいさつ※自動的)
自分の宮がある方位、自分で自分の首をしめるようなことになりやすいので注意
(五黄殺ほどの強い影響はないとされる)

本命的殺(自分の宮の反対側の宮)(ほんめいてきさつ※他動的)
自分の宮がある方位、自分以外の外からの災害を受けやすいので注意
(暗剣殺ほどの強い影響はないとされる)

※他動的は、他からの災害を受けやすいという意味。

※大将軍も注意です。3年ごとに方位がかわる大将軍の方位も注意が必要です。
大将軍:三年ふさがりともいいます。3年ごとに方位がかわります。来年(2019.2.5~)は方位が南から西へ移動するのでご注意ください。
(特にお引越しなどは、この方位はさけることがおすすめです。)
2018年 南
2019年~ 西
が大将軍となります。